2013-08-10から1日間の記事一覧

反転授業、プロジェクト学習などの新しい授業形態の選択について 学習者の多様性への対応という視点から

はじめに 本稿では様々な授業形態を取り上げ、それらを学習者の多様性への対応の違いという面から比較する。特に反転授業やプロジェクト学習のような新しい手法について、多様性対応という観点から分析する。

≪動く物理≫【力学・仕事とエネルギー 4】(2分)仕事率とは? アシモフ『物理とは』より

普通は、同じ仕事でも、なるべく短い時間内にやり遂げるほうが望ましい。つまり、仕事をする速さが問題になることがおおい。この仕事をする速さを【仕事率】(power)という。仕事率の単位は[ジュール/秒]である。

≪動く物理≫【力学・仕事とエネルギー 3】(4分)そもそもなぜ「仕事」を考えるのか アシモフ『物理とは』より

何のために仕事を考えるのだろうか。仕事を考えることが、何かの役に立つのだろうか。 実は、私たちが普段利用している階段や自転車は、仕事の概念を使うとうまく説明できる。