米マイクロソフトの公式ホームページで英語で紹介されました

f:id:weed_7777:20180629170518p:plain

日本マイクロソフトの方には以下のように紹介して頂きました。

「ご自身が開発されたオリジナルのHoloLensアプリを教材として活用し、日本全国の学校で出前授業を行われているMicrosoft MVP for Windows Developmentの植田達郎さんの活動をMicrosoft MVP Award Program Blogにてご紹介しています。磁場を可視化するアプリによって実際に磁場を体感できること、そして重度障害をお持ちの生徒さんにとっての新しい経験など、HoloLensによって実現した新しい教育の形や植田さんの取り組みをぜひご覧ください。」

This MVP Travels Japan To Bring Science To Life With HoloLens – Microsoft MVP Award Program Blog

【第4弾】物理の熱機関のグラフもICTを活用してビジュアルなシミュレーションを見れば一目瞭然

f:id:weed_7777:20180601174823p:plain

【第4弾】物理の熱機関のグラフもICTを活用してビジュアルなシミュレーションを見れば一目瞭然。40秒です。シミュレーション・ボックスという製品を使いました。

授業用HoloLensの台数を増やしました

f:id:weed_7777:20180516181536j:plain

体験時間が長いほど学習効果も満足度も上がることがわかったので、HoloLensを2台、追加しました。これで50分授業、生徒数40人でも余裕を持って授業できますし、イベントでも大人数をさばけます。

HoloLensの磁界学習アプリで、棒磁石が複数の場合でも、磁力線を動的に表示できるようになりました

f:id:weed_7777:20180517084315p:plain

棒磁石が複数の場合でも、磁力線を動的に表示できるようになりました。これは生徒さん、喜ぶかな?

【第3弾】物理の熱機関のグラフもICTを活用してビジュアルなシミュレーションを見れば一目瞭然

f:id:weed_7777:20180514082552p:plain

【第3弾】物理の熱機関のグラフもICTを活用してビジュアルなシミュレーションを見れば一目瞭然。40秒です。シミュレーション・ボックスという製品を使いました。

磁界学習アプリのシェアリングのデモをしてきました

f:id:weed_7777:20180513185745p:plain

HoloLensミートアップ大阪で磁界学習アプリのシェアリングのデモをしてきました。みなさん楽しそうで、落ちることもなかったし、ホッとしました。これはいける!

磁界学習アプリを、複数人で同時に体験できるようにしました

f:id:weed_7777:20180510224212p:plain


磁界学習アプリを操作している様子

かねてからHoloLensを使った出張授業で使ってきた磁界学習アプリを、複数人で同時に体験できるようにしました。これから作るアプリにも取り入れていこうと思います。